妊婦専用ドレス

華奢なリング

マタニティドレスを御存知でしょうか?妊婦用に作られた服の総称で、マタニティウェアともいいます。妊婦は出産間近ともなると、お腹まわりが大きくなり、普段通りの服が着られません。そこでお腹まわりはゆったりめに、お腹に負担がかからない姿勢で着られるよう作られているのです。妊娠期間は一年に満たない期間であり、その期間のためだけにマタニティドレスを買うことをためらう人は少なくありません。そのような背景から現在では、産後の授乳期間においても使えるマタニティドレスが多く見られます。授乳時に胸元を開けやすいようファスナーが取り付けられていたり、授乳している乳房や赤ちゃんの頭が見えないよう覆い布が装着されているもの等、便利であるため人気を集めています。

妊婦のために作られた服をマタニティドレス、あるいはマタニティウェアと言います。しかし近年では妊娠期間中に結婚式を行う男女も少なくなく、そのような女性が着るウェディングドレスもマタニティドレスとして認識されています。一般的なウェディングドレスは胴回りをぎゅっと引き締め細く見せます。しかしお腹の大きくなった妊婦は胴回りを強く締めることができません。そこでマタニティドレスは妊婦のお腹に対応できるよう、ある程度ゆったりめとなっています。またドレスショップの店員たちはドレスを選ぶ専門家ですので、選ぶ時のお腹の大きさから式当日の大きさを予測して選択肢を与えてくれます。一生に一度の結婚式、と臨む女性がどのような状態であれ、最高に美しく見えるよう計算されているのです。